多様なカプセル

アレグラはつらい花粉症やアレルギー症状を抑えるための飲み薬で、フェキソフェナジンを有効成分にした第二世代の抗ヒスタミン薬となります。
アレグラの他にも第二世代の抗ヒスタミン薬としてザイザルなどがあります。
この抗ヒスタミン薬はアレグラだけでなく、他のどの飲み薬においても副作用として眠気が発生するようになっています。

アレルギーという観点では厄介者にされるヒスタミンですが、脳内では脳を活性化させるという重要な役割を担っているため、抗ヒスタミン薬を服用してヒスタミンの働きを阻害すると、脳内のヒスタミンの作用さえ阻害してしまいます。
結果的に活性化されるはずの脳が鎮静化してしまい、判断力や思考力が低下してしまい眠気に似た状態を引き起こします。
現在では第二世代の抗ヒスタミン薬が主流ですが、第一世代では脳に到達しやすい薬剤を使用していました。
そのため、花粉症やアレルギーに対しての抑制力がありましたが、強力な眠気を引き起こす副作用が問題視されたのです。

そこで、光学異性体によって副作用の部分を取り除き、良い効果だけを残したものを第二世代の抗ヒスタミン薬として開発されます。
薬剤が脳内に到達するためには血液脳関門を通る必要があるのですが、分子量を大きくして通過しにくいように改良され、特に眠気を引き起こしにくいように開発されたのがアレグラです。
この副作用の少なさは使用者にとって便利な薬となるため、当初は医療用として病院が処方していましたが、現在はスイッチOTCとしてドラッグストアなどでも市販薬として販売されています。
ただし、抗ヒスタミン薬というものは副作用が少なくなると、効果も弱まる傾向にあるようです。
アレグラも副作用が少なく眠くなりにくい薬となっていますが、その分だけ効果も薄くなっているので、人によってはほとんど効果がないこともあるようです。

記事一覧

毎年春になると花粉症に悩まされる人も多いでしょう。 年々花粉症患者は増え続け、今や国民病と言われてい...

花粉症は、いまや国民的な規模での疾病となっています。 対策として、外出のときはマスクをしたり眼鏡をか...

朝起きるとなんだか身体がだるくて熱っぽいようなそんな微熱の症状があったら、とりあえずパブロンなどの風...

多くの錠剤

花粉症には、さまざまな種類のものがあります。 最も有名なものはスギ花粉です。 スギの季節の次には、ヒ...

花と蜂

日本では花粉症の罹患率が非常に高く、現代病の一つと言ってもいいほどです。 春ともなると、スギやヒノキ...

薬を飲んでいる女性

アレグラはフェキソフェナジンを有効成分にした花粉症などのアレルギー症状を抑える薬で、一般的に使用され...

せきが出る女性

アレグラはフェキソフェナジンを有効成分にした、花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚のかゆみなど...